毛穴の黒ずみを隠す
化粧下地でカバー!
 毛穴の黒ずみをとる
洗顔石けんならコレ!
 毛穴の黒ずみ防止に
肌に潤いを与える!
     
ディセンシアヘッダー.jpg
⇒ディセンシア
公式ページへ

夏の日焼け止めによる黒ずみ注意報!

夏.jpg

そろそろ梅雨が明けて本格的な夏になりますね。


夏と言えば太陽!そして「紫外線」・・・


紫外線対策で日焼け止めを朝から何度も塗り直すのってかなり面倒ですよね。
だから、汗で落ちにくいウォータープルーフ系の日焼け止めや
効果の強い日焼け止めをガッツリ塗って塗り直す回数を減らそうとしてしまいがち。


ですが、顔や鼻の黒ずみ対策としては
これは絶対にやってはいけません!


なぜなら、顔や鼻の黒ずみが増えるからです。


なぜかというと、ウォータープルーフ系や効果の強い日焼け止めクリームは
どうしても肌に残ってしまいます。
普通のクレンジングでは落とし切れずに
日焼け止め専用の強いクレンジングが必要になるモノすらあるくらいです。


それぐらい肌に残りやすいということは
当然毛穴にも詰まりやすいということ。


洗い落とせなくても汚れとして毛穴につまるし、
強いクレンジングで落としたとしても
肌が乾燥して皮脂分泌が増えて皮脂が毛穴につまるし。


どっちにしろ、毛穴の黒ずみが増えてしまうのです。


じゃあ、どうすればよいのか?


それは、普通の洗顔やクレンジングだけで落ちる日焼け止めクリームを使うことです。


塗り直しがめんどくさくて手抜きしたい気持ちはわかりますが、
美容はめんどくささとの戦いでもあります(笑)


日常生活で十分な効果レベルの日焼け止めクリームを
こまめに塗り直し、黒ずみの増えない夏を過ごしましょう!
posted by 井上 愛子 at 00:00 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事で血糖値が上がると黒ずみやくすみの原因に

白米.jpg

血糖値と黒ずみやくすみは
あまり繋がりになるイメージはありませんが、
実は深い関係があるのです。


普通に食事をすると食後に血糖値が上がります。
特に白米や食パン、砂糖の多いお菓子やジュース
などを摂ると上がりやすいです。
糖質の多い食事を摂ると
体が糖質を処理するために血糖値が上がる
というわけ。


その糖質は処理しきれずに余ると
体で脂肪に変わります。
そしてコラーゲンなどのたんぱく質と
結合して糖化してしまいます。


糖化したコラーゲンは
肌のハリをキープできなくなりたるみを作り
毛穴の形が変わって黒ずみの原因となったり、
コラーゲンが茶褐色化するので
くすみの原因となるのです。



この血糖値を食事の際に
出来るだけ上げないようにする方法があります。
それは先に野菜を食べるようにすること。
野菜を先にすることで
糖質の吸収をゆっくりにすることができるので
血糖値が上がりにくくなる効果があるのです。



食事の順番を変えるだけで
血糖値の上昇は抑えることができるので
日々の生活で少し意識してみましょう。


また、ご飯を白米から
玄米や麦ごはんに変えることも有効です。
これらはご飯から摂れる食物繊維の量も増えるので
腸内環境を整え便秘解消のも役立つので
一石二鳥の対策です。


玄米だとちょっと癖があるので
苦手な方もいるとは思いますが
色々試してみるのがいいと思います。



>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
posted by 井上 愛子 at 16:00 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒ずみや毛穴汚れをとる4つの栄養素

黒ずみをとる食事.jpg

これから夏になり暑くなるので
汗や皮脂の分泌量が増えて
鼻や頬の黒ずみや毛穴汚れが気になるようになりますね。


その黒ずみや毛穴汚れを
食生活の面から改善するために
今回は黒ずみや毛穴汚れを取る4つの栄養素を紹介します。



1.ビタミンB1

ビタミンB1は皮脂の分泌を抑える効果があります。
皮脂の分泌が減ると毛穴に詰まる汚れも減るので
黒ずみ解消に効果的と言えるのです。


食べ物としては
■豚肉
■ウナギ
■枝豆
■玄米

などに多く含まれています。



2.ビタミンB2

ビタミンB1と同じように皮脂の分泌を抑える効果があります。
また、新陳代謝を促し、
脂肪を体の中に溜めないようにする効果もあるので
肌組織をどんどん入れ替え肌をキレイにしてくれます。


食べ物としては
■牛乳
■レバー
■いわし
■さば

などに多く含まれています。



3.セラミド

セラミドは肌の保湿効果を高めて
さらにバリア機能を高めることができます。
肌が保湿されていると皮脂の分泌も減るので
黒ずみや毛穴汚れに効果的です。


食べ物としては
■ひじき
■ごぼう
■トマト
■ほうれん草

などに多く含まれています。



4.アスタキサンチン

アンチエイジング効果があり、
肌のハリをキープする効果があります。
そのため、たるみが原因の頬の黒ずみに有効です。
皮脂の分泌を抑える効果もあります。


食べ物としては
■鮭
■いくら
■鯛
■海老

などに多く含まれています。



以上が、黒ずみや毛穴汚れをとる4つの栄養素です。
特に夏はこれらの栄養素を意識して摂り入れてみましょう。



>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
posted by 井上 愛子 at 16:00 | Comment(0) | 最新美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。