毛穴の黒ずみを隠す
化粧下地でカバー!
 毛穴の黒ずみをとる
洗顔石けんならコレ!
 毛穴の黒ずみ防止に
肌に潤いを与える!
     
ディセンシアヘッダー.jpg
⇒ディセンシア
公式ページへ

鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい化粧水のつけ方

前回記事:鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい化粧水の使い方の続き。

⇒鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい化粧水


化粧水のつけ方でコットン・手のひらの
それぞれ正しい方法をお伝えします。


≪コットンを使った化粧水のつけ方≫


1.化粧水をコットンにたっぷりつける
  −裏側まで十分濡れるように。
   化粧水が少ない場合、逆にコットンが肌の水分を吸い取ってしまうので要注意!
化粧水の量.jpg


2.化粧水をやさしく顔全体に広げていく
  −顔で面積が広い頬や額⇒鼻⇒あごの順番でつけていきます。
   絶対にコットンでゴシゴシしないように!やさしく丁寧に。
顔全体に化粧水を付ける.jpg


3.顔の下から上へパッティングする
  −回数は年齢の2〜3倍を目安に。
   この時もやさしく丁寧に行いましょう。
   強くやると、毛細血管が破壊され赤ら顔の原因になります。

   また、化粧水が減ってきたら少量でいいので化粧水を足しましょう。
パッティング.jpg


手の甲を頬に当て、ひんやりしていたらOK!終了!



≪手のひらで化粧水をつける方法≫


1.手のひらに適量の化粧水を乗せる
  −だいたい10円玉くらいが目安
化粧水を手に取る.jpg


2.手のひら全体で顔を覆うように全体にまんべんなく化粧水をなじませる
化粧水を顔になじませる.jpg


3.化粧水が肌にうっすら馴染んだら、もう一度化粧水を手のひらに乗せる
再度化粧水を手に取る.jpg


4.鼻の下・小鼻・目元など、細かいところを重点的に指でつけていく
細かいところに重点的に.jpg


手の甲を頬に当て、ひんやりしていたらOK!終了!



>前のページ:鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい化粧水

>>次のページ:鼻・頬の毛穴の黒ずみケアで使ってはいけない化粧水

>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る

鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための洗顔後のスキンケア

鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい洗顔方法を知って、
あなたの肌に合う洗顔料・石鹸に変更したら、
次は洗顔後のスキンケアが大事になります。

⇒鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい洗顔方法

⇒黒ずみ・毛穴汚れを取る洗顔石鹸ランキング



洗顔後のスキンケアの正しい手順は、というと・・・

1.正しい洗顔で鼻・頬など顔の毛穴汚れをしっかり落とす

 ⇒2.化粧水で肌を整え、美容成分を吸収性を高める

  ⇒3.美容液で美容成分を肌に注入

   ⇒4.その上に乳液やクリームで蓋をし、逃がさないようにする

スキンケア流れ.jpg


今回はその中で「2.化粧水で肌を整え、美容成分を吸収性を高める」ところで
そのための正しい化粧水の使い方をお伝えします。


まず、化粧水の主な役割ですが、肌の水分補給です。

ですが、化粧水の力はそれだけではありません。

化粧水によってですが

■汚れのふき取り
■洗顔時の水道水の塩素を中和する
■ニキビの予防・改善
■シミ・そばかすの予防・改善


といった効果もあるので、
目的に合った化粧水を選べたら最高です。



それでは、鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための
正しい化粧水の使い方!


☆化粧水は洗顔後すぐに付けよう!

 −化粧水の肌への浸透力は、洗顔後に時間が経過するほど悪くなってしまいます。
  特に秋・冬は意識して早くつけるようにしましょう。
化粧水すぐ.jpg



☆化粧水の量はケチるな!

 −単純に大量に使えば良いというわけではありませんが、
  足りないのが一番悪いので化粧水の量には注意しましょう。

  特に試供品を使うときに量が多いと感じる方は
  普段の化粧水の量が足りてない証拠なので意識して増やして。
化粧水けちるな.jpg



☆化粧水をつけるときは、手のひらかコットンか?

 −テレビはインターネットをみてもそれぞれを進めている情報がありますが、
  それぞれ特徴があるのであなたの肌の状態に合わせて選ぶべきです。
手のひらorコットン.jpg


  それぞれの特徴はというと・・・

   ●コットン
    ↑化粧水が肌に均等に入る。
    ↑化粧水の量が多少は節約できるかも。
    ↓コットンが肌へ刺激を与えてしまう。(赤ら顔の原因に)

   ●手のひら
    ↑肌にやさしい

  なので、肌が強い方・高級化粧水を節約して使いたい場合はコットンで、
  敏感肌の方やニキビは肌荒れがある場合は手のひらで、
  化粧水をつけましょう!


ちょっと長くなったので、
次の記事でコットン・手のひらそれぞれの正しいつけ方をまとめます。



>>次のページ:鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい化粧水のつけ方

>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。