毛穴の黒ずみを隠す
化粧下地でカバー!
 毛穴の黒ずみをとる
洗顔石けんならコレ!
 毛穴の黒ずみ防止に
肌に潤いを与える!
     
ディセンシアヘッダー.jpg
⇒ディセンシア
公式ページへ

鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための間違った洗顔とは

あなたは鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるために
洗顔方法の見直しをしていますか?

洗顔料や化粧水・クレンジングなど洗顔に使うものも大事ですが、
洗顔方法そのものが間違っていると
鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみはなかなかとれません。


⇒毛穴汚れ・黒ずみをとる洗顔石鹸はコチラ


ですが、高い洗顔料や化粧水・クレンジングなどを使わずに
洗顔方法を正しく改善しただけで
鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみがとれることは多々あります。

そのくらい、洗顔というのは重要なんです!!


なので、鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるために
正しい洗顔方法を身につけましょう。

そのステップ1として、
間違った洗顔方法を挙げるので
あなたの洗顔がそれに該当しないかチェックしてみてください。



1.1日に何度も洗顔をする

  −洗顔をし過ぎると、肌に必要な皮脂まで奪ってしまいます。
   すると、肌が乾燥するので、それを守ろうと皮脂が過剰分泌され、
   洗顔しているのに鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみが増える事態に(>_<)
何度も洗顔.jpg



2.顔をゴシゴシこする洗顔をしている

  −洗顔や化粧落としのクレンジングで、鼻・頬など顔をゴシゴシは絶対ダメ!!
   肌はデリケートなので擦るとすぐダメージを受けます。
ゴシゴシ.jpg



3.冷たい水で洗顔をする

  −水だと肌や毛穴が引き締まり、汚れが落ちにくくなります。
   ということは汚れが毛穴に残るので、
   鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみはとれなくなります。
水.jpg
   


4.熱いお湯で洗顔をする

  −1日に何度の洗顔するのと同じで、
   肌を乾燥から守るために必要な皮脂まで奪ってしまいます。
   すると、肌が乾燥するので、それを守ろうと皮脂が過剰分泌され、
   洗顔しているのに鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみが増える事態に(>_<)
お湯.jpg



5.泡立てた泡を頬からつけて洗う

  −頬からではなく、黒ずみができやすい鼻(Tゾーン)から洗いましょう。
   汚れが付きやすいところから洗うのが基本です。
頬から.jpg



6.顔をすすぐときにゴシゴシ擦る

  −軽く水をかけるだけで十分洗い流せます。
   肌はデリケートなので擦るとすぐダメージを受けます。(2回目(笑))
すすぎ.jpg



7.タオルで拭くときに擦る

  −拭くときは擦らずにタオルを抑える感じで水分を取りましょう。
   肌はデリケートなので擦るとすぐダメージを受けます。(3回目(爆))
タオル.jpg



上記の間違った洗顔方法に
あなたの洗顔方法は該当しましたか?

もし一つでも該当しちゃったなら、
鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるために、
あなたの洗顔方法を今から改善しましょう!


>前のページ:鼻・頬など顔の黒ずみの正体って?

>>次ページ:鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい洗顔

>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
posted by 井上 愛子 at 23:21 | Comment(0) | 毛穴汚れ・黒ずみをとる洗顔方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための正しい洗顔

前回の記事で鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための
間違った洗顔方法の具体例を挙げましたが、
今のあなたの洗顔方法は当てはまってしまいましたか?

⇒間違った洗顔方法


鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるためには
洗顔はかなり大切です!

これを機に正しい洗顔方法をマスターして
鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとってしまいましょう!



≪正しい洗顔方法≫


1.蒸しタオルで肌を温める

 −毛穴の汚れ・角栓をとるために、まずは毛穴を開かせます。
  同時に毛穴に詰まった汚れや皮脂を浮かび上がらせる
  ことができるので
  洗顔の際にしっかりと毛穴の汚れを落とすことができます。

  顔に洗顔料をつける前にこれをやるだけで、
  洗顔の効果が全然違うので
  面倒でもやることをオススメします。
蒸しタオル.jpg



2.手を洗う

 −手が汚れていては
  洗顔の効果が半減・無くなってしまうので
  洗顔前にはしっかり手を洗いましょう。

  このとき、ぬるま湯(32〜36℃程度)で洗うと
  洗顔時に手の温かさがちょうどよくなります。
手洗い.jpg



3.素洗い

 −顔をぬるま湯でやさしく洗います。
  この時の適温はニキビ肌・オイリー肌なら35〜37℃程度、
  乾燥肌・敏感肌なら33〜33℃程度になります。

  温度が高すぎると
  必要な皮脂まで落ちてしまいますし、
  温度が低すぎると
  毛穴が閉じて汚れが落ちにくくなるので注意です。

  また、直接シャワーもNG!
  シャワーの水圧は肌を傷つけますよ!
素洗い・すすぎ.jpg



4.洗顔料を泡立てる

 −泡立てネットを使うと簡単です。
  もこもこと太ったクリーム状の泡ができれば完璧ですね。
泡.jpg

⇒黒ずみを取るオススメ石鹸ランキング



5.顔の泡を乗せて洗う

 −皮脂の多い鼻(Tゾーン)から頬へと洗っていきます。
  この時、ゴシゴシこすらないようにしましょう。
洗顔.jpg



6.すすぎ

 −ぬるま湯でやさしく、そしてしっかりと。
  とくに髪の毛の生え際など注意しながら。
  洗顔料が残ってしまうと肌に悪影響です。
素洗い・すすぎ.jpg



7.タオルでふき取る

 −タオルでやさしく押さえつけるようにやさしくふき取ろう。
  絶対にゴシゴシこすらないように。
タオル.jpg



8.化粧水で毛穴を引き締める

 −洗顔が終わっても、毛穴は開いた状態です。
  水か化粧水を使って毛穴を引き締めましょう。

⇒高保湿で皮脂の分泌を抑え黒ずみを防ぐ化粧水
化粧水.jpg



>前ページ:鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとるための間違った洗顔とは

>>次ページ:毛穴汚れ・黒ずみを取る当ブログオススメ石けん

>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
posted by 井上 愛子 at 21:25 | Comment(0) | 毛穴汚れ・黒ずみをとる洗顔方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。