毛穴の黒ずみを隠す
化粧下地でカバー!
 毛穴の黒ずみをとる
洗顔石けんならコレ!
 毛穴の黒ずみ防止に
肌に潤いを与える!
     
ディセンシアヘッダー.jpg
⇒ディセンシア
公式ページへ

鼻の毛穴汚れ・黒ずみをとる毛穴パックは危険!?

ちょっと前にメディアや雑誌にも多く取り上げられ、
誰でも簡単にでき、商品も手に入りやすい鼻の毛穴パック。
毛穴パック.jpg


これは、鼻の毛穴汚れ・黒ずみが気になる方は
一度くらいは試したことがあるのではないでしょうか?


鼻の毛穴パックをして
毛穴汚れ(角栓)が取れたのを確認すると

「やった、ゴッソリとれた!」
「たくさん取れてスッキリした!」

などと感じると思います。
取れた角質.jpg



確かに、たくさんの毛穴汚れ・黒ずみが一気に取れるので効果はあります。


が・・・
同時に肌をかなり痛めているので
ちょっと危険な方法であり、
やり方を間違えると鼻の毛穴汚れ・黒ずみが
さらにひどくなるので注意が必要なんです。



それは、毛穴汚れをとる原理に問題があります。

鼻の毛穴パックは強力な粘着力で
肌・毛穴に密着し、毛穴汚れ(角栓)をキャッチします。

そして、強力な粘着剤が固まったところで
一気に引き抜くことでたくさんの毛穴汚れ(角栓)をとっているのです。


ということは・・・
無理矢理に毛穴汚れ(角栓)を引き抜いていることになるので
同時に毛穴も大きく広がってしまっているわけ。


となると、毛穴が広がると毛穴自体が目立つようになってしまうし、
ホコリなどの汚れやバイ菌が入りやすくなり、
毛穴汚れ・黒ずみが再発することに・・・(-_-メ)
毛穴の広がり.jpg


さらに、強力な粘着剤は
周りの皮脂を取り過ぎで肌を乾燥させてしまったり、
毛穴周りの肌に刺激を与え傷つけたりしてしまいます。

あまり頻繁にやり過ぎると
肌にダメージが蓄積し陥没するなんてことも!?(@_@;)


確かに、鼻の毛穴パックをした後すぐに、
ビタミンCを含んだ化粧水で水分補給し、
毛穴を引き締めればケアとしてはOKですが、
鼻の毛穴汚れ・黒ずみを
とる方法としてはリスクが高い

と言わざるを得ません。

可能な限り、鼻の毛穴パックを使用しないで
鼻の毛穴汚れ・黒ずみ対策をしていった方が良いでしょう。



>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
posted by 井上 愛子 at 17:06 | Comment(0) | やってはいけないケア方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。