毛穴の黒ずみを隠す
化粧下地でカバー!
 毛穴の黒ずみをとる
洗顔石けんならコレ!
 毛穴の黒ずみ防止に
肌に潤いを与える!
     
ディセンシアヘッダー.jpg
⇒ディセンシア
公式ページへ

自分に合ったファンデーションの色の選び方

ファンデーション.jpg

「せっかくファンデーションを買ったのに、なんだか色が合わない。」
そんな経験をしたことはありませんか?
自分の肌に合った色のファンデーションを選ぶのは意外と難しいものです。
ここでは、自分に合ったファンデーションの色選びについて、ご紹介します。


【ファンデーションの色の選び方】

よく「ファンデーションを選ぶときは、自分の首の色に合わせる」といわれています。
しかし、首の色だけに合わせて選ぶのは危険です。
ファンデーションを選ぶときには、
肌の色が一番わかりやすい、
耳の下からあごにかけてのフェイスラインに伸ばして確認しましょう。




【一般的に言われている色の選び方】


■色白肌の人

「色白の人はピンク系」といわれていますが、
色白の人が「ピンク系」を選ぶと、
時間が経つにつれ、ファンデーションの色が浮き出た感じになります。


おススメは「薄いベージュ系」、白浮きが防げ、引き締め効果もバツグンです。


■色黒肌の人

もともと色黒の人は、「オークル系」を選ぶ傾向があります。
しかしオークルだけでは、
時間が経つとくすんだ感じで、疲れた印象に見られがち。

薄くオークルをつけてから上にピンクを重ねると、
パッと明るい印象になります。



■中間色の肌の人

中間色の肌の方は、「ナチュラルカラー」が一般的です。
しかしこちらも、時間とともに皮脂が分泌し、
ファンデーションと皮脂が混ざって肌の色が濃く見える感じがします。
化粧直しのときは、「ピンク」か「薄いベージュ系」を使うと良いでしょう。


■黄色みがかった肌の人

黄色みがかった肌は、
日本人に一番多いタイプで顔色が悪く見えがちです。
おススメは「ピンク系」のファンデーション、健康的な肌色に見えます。




>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る


posted by 井上 愛子 at 07:50 | Comment(0) | 毛穴トラブル別の正しいベースメイク方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。