毛穴の黒ずみを隠す
化粧下地でカバー!
 毛穴の黒ずみをとる
洗顔石けんならコレ!
 毛穴の黒ずみ防止に
肌に潤いを与える!
     
ディセンシアヘッダー.jpg
⇒ディセンシア
公式ページへ

鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみをとるなら馬・豚プラセンタを選べ!

プラセンタには様々な種類がありますが
鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみをとるには
効果のあるものとないものがあります。


結論からいうと、
馬プラセンタか豚プラセンタを選びましょう!


なぜかというと、
プラセンタによっては
肌のターンオーバーを正常化させる
成長因子が含まれていないものがあるからです。

⇒肌のターンオーバー正常化で毛穴・黒ずみが取れる理由


成長因子が含まれていて
手に入りやすくお手ごろな価格なのは
馬プラセンタ・豚プラセンタです。


得たい効果によっては選ぶプラセンタが変わるので
ここでは簡単にプラセンタの種類をまとめておきます。



【プラセンタの種類】

1.馬プラセンタ
2.豚プラセンタ
3.人プラセンタ
4.植物性プラセンタ
5.海洋性プラセンタ



1.馬プラセンタ
馬プラセンタ.jpg

アミノ酸含有量が豚プラセンタの約300倍もあり
とても豊富に含まれているのが一番の特徴です。
成長因子はアミノ酸の一種でもあるので
鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみをとるための
肌のターンオーバー正常化効果は高い

と言えます。



2.豚プラセンタ
豚プラセンタ.jpg

アミノ酸構造が人間と近く、
体内への吸収効率が一番良いとされています。
成長因子を吸収しやすいプラセンタなので
鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみをとる効果は高いと言えます。


ただし、衛生管理がしっかりされたものでないと
感染症などの懸念があるので
SPF豚という衛生管理において認定された豚を
使用しているものを選ぶようにしましょう。




3.人プラセンタ
人プラセンタ.jpg

人由来のものなので当然効果は一番高いですが、
基本的に医療用でしか認められておらず、
注射するにはクリニックに行く必要があります。
しかも高額です。


また、献血が受けられなくなるので
経済面とリスクと全てを受け入れられる方のみ
が受けられるものとなります。



4.植物性プラセンタ
植物性プラセンタ.jpg

成長因子が含まれていないので
肌のターンオーバーを正常化させる効果はなく、
鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみをとる効果は低いです。


ただ、感染症のリスクは一切ないので、
安全性は一番高いプラセンタです。


成長因子はありませんが
アミノ酸含有量も豊富なので
美肌効果はあります。



5.海洋性プラセンタ
海洋性プラセンタ.jpg

植物性同様に成長因子が含まれていません。
肌のターンオーバーを正常化させる効果はなく、
鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみをとる効果は低いです。


ただ、必須アミノ酸の量は一番なので
健康面への効果が高いプラセンタだと言えます。



>前のページ:プラセンタが鼻・頬の毛穴汚れ・黒ずみに有効な理由

>>次のページ:黒ずみ対策に効果あり!エイジングリペアを使ってみました!

>>>鼻・頬など顔の毛穴汚れ・黒ずみをとる方法TOPページへ戻る
posted by 井上 愛子 at 21:03 | Comment(0) | プラセンタで毛穴の黒ずみをとる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。